日本の伝統的な保存食!梅干しとらっきょう漬けを極める
トップ > 今週のおすすめカテゴリー > バックナンバー > 2016年 > 日本の伝統的な保存食!梅干しとらっきょう漬けを極める


カテゴリ検索結果X-LISTING カテゴリへの登録
梅干しの基本的な作り方を紹介。梅の下処理から必要な調理器具、漬け方、土用干しなどの工程など。梅の重量に対して塩分18%なので少しマイルドな味わいになる。
http://www.sirogohan.com/recipe/umebosi/
自家製梅干しに挑戦!家庭料理研究家・杵島直美氏ときじまりゅうた氏による梅干し作りの連載記事。梅選びから漬ける容器、干す時のザル、下漬け・本漬けなどを解説。
http://www.elle.co.jp/atable/tips/ume_16_0607
全国の収穫量の約6割を占める梅の産地、和歌山。名産の南高梅は、皮は柔らかくて果肉が厚く、種も小さいため梅干しに最適という。リンク先で産地直送の梅干しが買える。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/061000/premierwakayama/pickup_kishu_nanko_bai.html
ツイッターで話題の梅味噌汁を試食する記事。梅干し1個の他に適量の味噌、熱湯、鰹節をお椀に入れてかき混ぜるだけ。梅の酸味と味噌の風味が組み合わさって美味しい!
http://youpouch.com/2016/05/28/358367/
いつもとは違う梅干しの食べ方!梅干しを使った創作料理のレシピ集。トマトのガスパチョやコンソメスープに入れたり、カマンベールチーズにのせたり、天ぷらなども紹介。
http://www.recipe-blog.jp/antenna/102204
砂丘が良質ならっきゅう作りに適していることもあり、100年の歴史がある鳥取のらっきょう。名産品を保護する制度にも登録される。注文受付期間は4月から6月上旬。
http://www.jainaba.com/rakkyo/
そのまま漬け込むだけで手軽に漬けられる砂糖・食塩が調味された合せ酢。漬け方や漬けたらっきょうをアレンジしたレシピも掲載。漬け初心者はチェックしてみよう!
http://www.otafuku.co.jp/recipe/rakkyou/index.html
普通のらっきょうよりも小振りで風味が強い沖縄名産・島らっきょうを漬けた逸品。テレビで紹介された人気の塩漬や酸味が特徴的な梅漬など、一度食べるとクセになるという。
http://shop.yamasyoo.com/rakkyou/



■BIGLOBEサーチトップへ▲カテゴリ検索トップへ