海外でも影響力が高い、浮世絵師・葛飾北斎が熱い!
トップ > 今週のおすすめカテゴリー > 海外でも影響力が高い、浮世絵師・葛飾北斎が熱い!


カテゴリ検索結果X-LISTING カテゴリへの登録
大阪・あべのハルカス美術館で11月19日まで開催。葛飾北斎の晩年に焦点を当てた展覧展。ロンドン・大英博物館と共同プロジェクトのため各国の北斎の作品が集まる。
http://hokusai2017.com/
東京・上野の国立西洋美術館で1月28日まで開催。19世紀後半、葛飾北斎に影響を受けた西洋の芸術家。彼らと北斎の名作を比較展示し、北斎の影響力を紹介する内容。
http://hokusai-japonisme.jp/
2016年、葛飾北斎の出身地の墨田区に開館した北斎専門美術館。各年代の代表作などを展示。サイトでは、北斎の生涯やゆかりの地も紹介。北斎初心者は参考にしよう!
http://hokusai-museum.jp/
葛飾北斎の代表作である「冨嶽三十六景」の46点を解説。静岡、東京、神奈川沖、浦賀水道など各地から見える富士山を描く。当時の人々の様子も確認できる。
http://www.museum.pref.yamanashi.jp/3rd_fujisan_01fugaku.htm
滋賀県守山市にある美術館。江戸時代の人気浮世絵師10人を一挙紹介する展覧会を11月26日まで開催。葛飾北斎をはじめ鈴木春信、歌川広重などの浮世絵を楽しめる。
http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/
葛飾北斎の最高傑作といわれる大波と富士山を描いた「神奈川沖浪裏」。この作品の「波」の表現のこだわりや、版画作り、色彩などを紹介。版画の通販も可能。
https://www.adachi-hanga.com/ukiyo-e/namiura/
「冨嶽三十六景」以外の葛飾北斎の代表作を紹介。美術商・浦上蒼穹堂によるサイト。日常生活や北斎が赴くまま描いた絵を収めた画集「北斎漫画」、挿絵、春画を解説する。
http://www.hokusai.gr.jp/
2015年に東京・永青文庫で開催された春画展の紹介記事。性の営みを描く浮世絵「春画」を大々的に展示し、20万人以上が訪れて話題に!北斎の作品も展示されていた。
http://www.museum.or.jp/modules/topics/index.php?action=view&id=708
日本のパスポートが北斎に!次期パスポートの全ページに葛飾北斎の「冨嶽三十六景」の各作品がデザインされる。新デザインは2019年度から導入予定。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_003309.html
北斎の娘で女性絵師・葛飾応為をテーマにした小説。著者は朝井まかて。父・北斎を支えながら自身も絵師として活動する姿を描く。9月にはNHKでドラマ化された。
http://www.shinchosha.co.jp/book/339971/




■BIGLOBEサーチトップへ▲カテゴリ検索トップへ